沿革the history

京都市立堀川高等学校 沿革

昭和23年 
(1948)
4月 6・3・3制実施にともない京都市立堀川高等学校誕生。
同時に校舎は市立第一中学校及城巽女子商業学校の2校が移り使用(新制中学へ校舎明け渡しのため)
3校による交替2部授業実施。
10月12日 新制高等学校再編成。
京都市立堀川高等学校と京都市立中京高等学校(第一中学校と城巽女子商業の合併による)とが合併して
京都市立堀川高等学校結成(地域制、総合制、男女共学制による)。
普通課程、商業課程、家庭課程、音楽課程の4課程を設置。
10月20日 開校式。
11月6日 PTA結成発足(本校は育友会と呼称)。
11月9日 生徒会結成発足。
昭和24年 
(1949)
3月16日 第1回卒業式。新制高等学校卒業者255名。
新制中学卒業者89名。旧制中学卒業者175名。計519名。
4月1日 附設中学自動消滅(卒業又は上級進学による)。
4月12日 校章及びバッチ制定。
昭和25年 
(1950)
2月26日 旧京都市立堀川高等女学校同窓会と京都市立堀川高等学校同窓会とが合併して、堀川同窓会を結成。
3月3日 第2回卒業式。
卒業生普通課程392名、商業課程53名、音楽課程26名、計471名。
5月13日 音楽課程に専攻科を設置、修業年限2年。
5月27日 財団法人京都市立堀川高等学校教育財団結成。
6月20日 運動場西南部の弓場を廃止し、その跡に硬式テニスコートを設置。
昭和26年 
(1951)
3月5日 第3回卒業式。卒業生普通課程582名、商業課程119名、音楽課程16名、計717名。
4月8日 本校校舎狭隘のため上京区出雲路立本町103に出雲路分校を設置
(音楽課程89名、同専攻科28名、普通課程1年308名を移転収容)。
昭和27年 
(1952)
3月8日 第4回卒業式。卒業生普通課程458名、商業課程96名、音楽課程21名、家庭課程7名、計582名。
3月27日 音楽専攻科14名卒業。
3月31日 出雲路分校廃止。
音楽専攻科廃止
(音楽専攻科は京都市立音楽短期大学に昇格。音楽専攻科23名は全員京都市立音楽短期大学に入学)。
3月31日 出雲路分教場設置。音楽課程を収容。
4月15日 平井乙麿氏学校長に就任。
7月22日 米田貞一郎氏学校長に就任。
昭和28年 
(1953)
3月7日 第5回卒業式。
卒業生普通課程445名、商業課程90名、家庭課程9名、音楽課程26名、計580名。家庭課程自然消滅。
5月20日 運動場東南部に生徒ボックス建築竣工。
10月 創立5周年記念行事。
16、17日文化祭。18日記念体育祭。20日記念式。
昭和29年 
(1954)
3月8日 第6回卒業式。
卒業生普通課程448名、商業課程196名、音楽課程41名、計685名。
昭和30年 
(1955)
3月8日 第7回卒業式。
卒業生普通課程357名、商業課程175名、音楽課程36名、計568名。
昭和31年 
(1956)
3月8日 第8回卒業式。
卒業生普通課程438名、商業課程99名、音楽課程32名、計566名。
9月5日 出雲路分教場(音楽課程)は旧武専跡(岡崎公園、左京区聖護院円頓美町)へ移転。岡崎分校と呼称。
昭和32年 
(1957)
3月8日 第9回卒業式。
卒業生普通課程365名、商業課程139名、音楽課程21名、計525名。
3月31日 ブロック建築便所7坪(東校舎の東側)竣工。
昭和33年 
(1958)
3月8日 第10回卒業式。
卒業生普通課程400名、商業課程142名、音楽課程32名、計574名。
10月 創立10周年記念行事。
12日体育祭。18、19日文化祭、20日記念式。
昭和34年 
(1959)
3月7日 第11回卒業式。(以後の卒業生内訳は割愛する。)
4月19日 創立10周年式典挙行。
6月10日 生徒食堂落成。
昭和35年 
(1960)
3月6日 第12回卒業式。
昭和36年 
(1961)
3月8日 第13回卒業式。
昭和37年 
(1962)
3月7日 第14回卒業式。
昭和38年 
(1963)
3月8日 第15回卒業式。
3月31日 商業課程を廃止。
商業課程生徒を西京高等学校に移籍し、西京高校の普通課程の生徒を受入れる。
4月1日 向井寛氏学校長に就任。
4月1日 普通課程・音楽課程高等学校として発足。
4月1日 本能小学校に分教室2教室開設。
昭和39年 
(1964)
1月16日 本館東校舎屋上にプレハブ3教室増設。
3月6日 第16回卒業式。
12月20日 本館北校舎屋上にプレハブ3教室増設。
昭和40年 
(1965)
3月8日 第17回卒業式。
4月1日 三木正雄氏学校長に就任。
4月1日 本能小学校分教室廃止。
昭和41年 
(1966)
3月9日 第18回卒業式。
昭和42年 
(1967)
3月8日 第19回卒業式。
9月11日 嵯峨野グラウンドに倉庫を新築。
10月6日 体育館竣工。
10月30日 嵯峨野グラウンドに管理室新築。
昭和43年 
(1968)
3月8日 第20回卒業式。
昭和44年 
(1969)
3月8日 第21回卒業式。
昭和45年 
(1970)
3月1日 第22回卒業式。
4月1日 服部梶藏氏学校長に就任。
昭和46年 
(1971)
3月1日 第23回卒業式。
昭和47年 
(1972)
3月1日 第24回卒業式。
昭和48年 
(1973)
3月1日 第25回卒業式。
昭和49年 
(1974)
3月1日 第26回卒業式。
昭和50年 
(1975)
3月1日 第27回卒業式。
昭和51年 
(1976)
3月1日 第28回卒業式。
4月1日 水上良市氏学校長に就任。
4月24日 生徒新食堂落成。
昭和52年 
(1977)
3月1日 第29回卒業式。
4月12日 高倉寛太郎氏学校長に就任。
昭和53年 
(1978)
3月1日 第30回卒業式。
昭和54年 
(1979)
3月1日 第31回卒業式。
4月1日 仲田一郎氏学校長に就任。
昭和55年 
(1980)
2月23日 校歌。校旗制定。
3月1日 第32回卒業式。
3月31日 同窓会館のあとに5階建て新館を建設。
4月1日 音楽科は、左京区聖護院円頓美町から西京区大枝沓掛14-26に音楽科分校として移転。
7月10日 新館(視聴覚・図書館・情報処理棟、A館)竣工。
昭和56年 
(1981)
3月2日 第33回卒業式。
4月1日 門前 和氏学校長に就任。
昭和57年 
(1982)
3月1日 第34回卒業式。
4月1日 多田孝敏氏学校長に就任。
昭和58年 
(1983)
3月1日 第35回卒業式。
昭和59年 
(1984)
3月1日 第36回卒業式。
昭和60年 
(1985)
3月1日 第37回卒業式。
3月31日 理科・工芸実習棟(B館)竣工。
昭和61年 
(1986)
3月1日 第38回卒業式。
4月1日 恩田修三氏学校長に就任。
昭和62年 
(1987)
3月2日 第39回卒業式。
昭和63年 
(1988)
3月1日 第40回卒業式。
4月1日 塩見徳男氏学校長に就任。
平成元年 
(1989)
3月1日 第41回卒業式。
平成2年 
(1990)
3月1日 第42回卒業式。
4月1日 三宅宗純氏学校長に就任。
平成3年 
(1991)
3月1日 第43回卒業式。
平成4年 
(1992)
3月2日 第44回卒業式。
4月1日 河村 正氏学校長に就任。
平成5年 
(1993)
3月1日 第45回卒業式。
平成6年 
(1994)
3月1日 第46回卒業式。
平成7年 
(1995)
3月1日 第47回卒業式。
平成8年 
(1996)
3月1日 第48回卒業式。
4月18日 育友会、堀川高等学校PTAと改称。
9月17日 校舎全面改築開始。
平成9年 
(1997)
3月1日 第49回卒業式。
4月1日 音楽科、京都市立音楽高等学校として独立。
4月1日 山崎 晃氏学校長に就任。
10月 体育館解体。
平成10年 
(1998)
3月2日 第50回卒業式。
平成11年 (1999) 3月1日 第51回卒業式。
3月 新校舎竣工。
4月1日 新校舎に移転。
4月1日 人間と自然をテーマに、探求心や創造性、独創性を備えた人材の育成を図り、
大学での高度な専門研究に向けた基礎能力を培う専門学科として人間探求科と自然探求科を設置。
平成12年 
(2000)
3月1日 第52回卒業式。


沿革the history

高等女学校の沿革

高等女学校の校歌 堀川高校の沿革はこちらへ
明治41年(1908) 2月22日 京都市立高等女学校設置の件認可。(本科定員600名・修業年限4年)
4月15日 入学式挙行。(1・2学年計350名、7学級)
4月27日 清水儀六氏学校長に就任。
明治42年(1909) 4月 第3学年設置。4学級増設。
明治43年(1910) 4月1日 第4学年設置。3学級増設。
9月27日 東宮殿下(大正天皇)御来臨。
明治44年(1911) 10月29日 補習科設置。前5学級。
大正2年(1913) 4月1日 (定員を700名に増加)
大正4年(1915)   皇室御下賜の幄舎を材料として記念茶室一棟および弓場を建築落成。
大正6年(1917) 3月31日 (17学級定員800名)
11月14日 皇后陛下(貞明皇后)御来臨。
大正7年(1918) 6月15日 創立10周年記念祝賀式挙行。
大正8年(1919) 6月28日 野田一郎氏学校長に就任。
大正10年(1921) 2月3日 本科修業年限を5年に延長。(定員1000名)
大正11年(1922) 4月 京都市立第一高等女学校と改称。
大正13年(1924) 3月 補習科廃止。
4月1日 専攻科設置。(2学級定員80名、修業年限2年)
大正14年(1925) 3月 本館(講堂)改築工事竣成。
昭和3年(1928) 4月1日 京都市立堀川高等女学校と改称。
昭和4年(1929) 4月1日 専攻科修業年限を3年に延長。(3学級・定員120名)
昭和6年(1931) 10月 校舎全面改築工事に着手。
昭和7年(1932) 7月 第一期工事竣工。(旧校舎正面及び北側、鉄筋タイル張り3階建)
昭和8年(1933) 4月15日 創立25周年記念式挙行。
昭和9年(1934) 4月1日 専攻科修業年限を2年に短縮。
昭和11年(1936) 3月 専攻科廃止。
4月1日 補習科設置。(修業年限1年、定員50名)
7月 第二期校舎建築に着工。
8月23日 岡磯彦氏学校長に就任。
昭和12年(1937) 3月 第二期工事竣工。(旧東側校舎)
昭和16年(1941) 7月4日 塩見亀蔵氏学校長に就任。
8月23日 原與作氏学校長に就任。
昭和18年(1943) 4月1日 補習科廃止。専攻科修業年限1年設置。本科修業年限を4年に短縮。
昭和19年(1944) 8月 校舎の一部を学校工場に転用。
昭和20年(1945) 8月15日 学校工場閉鎖。
昭和21年(1946) 9月20日 教頭河島英夫氏学校長事務取扱に就任。
昭和23年(1948) 3月31日 堀川高等女学校閉校。


沿革the history

堀川高校の校歌

作詞 相馬大 / 作曲 伊吹新一
堀川高校校歌

1.
堀川の空の雲は
比叡染めゆく窓に飛ぶ
ひらく窓よ高く
謳え理想の空
しろい雲のある窓に
2.
堀川の笛の花は
みどり肩くむ庭に咲く
ひびく庭よ尚く
光れ文化の笛
わかい花の咲く庭に
3.
堀川の道の星は
行方織りなす丘に出た
まるい丘よ崇く
続け真理の道
きよい星のある丘に


沿革the history

高等女学校の校歌

女学校校歌

1.
平安の都の最中礎の
しずめは固く天そそる
蔑はたかし
これぞ我が学びのうてな
2.
朝夕におのれを忘れ文のやの
久遠の望みかざしつつ
教えて倦まず
これぞ我が学びの親よ
3.
堀川の岸辺の柳ふきすさむ
風にも折れずたおやかに
和らぐ姿
これぞ我が学びの友よ
これぞ我が学びの親よ
4.
聡き智ほ玉なす徳に取添えて
この身を鍛へ生ける世の
をみなと立たん
これぞ我が学びのつとめ


沿革the history

堀川高校の生徒歌

作詞 連隆文 / 作曲 岩上行忍
堀川高校生徒歌

1.
緑なす森風にそよげり
木の間もれ来る明き光に
若き狩人獲物追ひつつ
口笛の音の及ばむかぎり
逃すはあらじ若き狩人
立てや立て心のままに
立てや立て汝は得撓まじ
2.
緑なす森風にそよげり
流れに映る青雲の影
若き狩人あゆみ移せば
繁き露にぞその身潤ほい
樹々の間深く木霊呼ぶなり
踏めや踏めやさしき脚に
踏めや踏め汝は得撓まじ
3.
緑なす森常盤の森に
風立ち騒ぎ変りありとも
若き狩人たゆむことなく
永久に住みつつかけ廻りなん
若き狩人汝に幸あれ
集へいざ心のままに
いざやいざ共に讃へん